もっとも合格する確率が高いのは

公認会計士の試験に合格した人の多くが利用しているのが公認会計士の講座です。この講座はちょうど大学受験を目指している方が利用する予備校のようなシステムになっており、しっかりと合格までの道筋を用意してもらう事ができます。

テキストなども本年度の公認会計士の試験を意識した内容になっておりますし、最初からすべての参考書が揃っておりますので参考書選びで四苦八苦しなくても大丈夫になっております。また、過去の講義内容の中から参考になりそうな授業をDVD化して配布している公認会計士講座などもありますので、独学で勉強するのと違ってしっかりと頭に入りやすくなっております。

また、基本的には通学し教室で授業を受ける事になるのですが、社会人の方などの場合には、仕事などでどうしても通う事ができない日もでてくると思います。そんな時には、出られなかった授業の録画を自宅のパソコンなどでインターネットを介して見る事ができるようなサービスもあります。他にもオンラインの音声通話を利用して直接講師の方に質問をしたり、試験の傾向や勉強方法などのアドバイスを貰う事もできますので、公認会計士のような難しい試験範囲の勉強もしっかりと効果的に行う事が出来るのです。

推奨サイト・・・公認会計士の講座【資格の大原】

独学での勉強の難しさ

公認会計士の試験勉強をする時に最初に考えるのが独学でのチャレンジです。最近ではインターネットなどで簡単に知識が入りますし、本屋さんに行かなくてもネットショップなどには沢山の公認会計士の試験範囲の参考書が売られております。公認会計士の参考書は、さすがに人気の職業だけあってかなりの種類が販売されております。

公認会計士の試験範囲は、絶対に受けなければいけない財務会計論や管理会計論、監査論、企業法、租税法などの必修科目に加え4科目の中から1科目を選択する事ができる経営学、経済学、民法、統計学の選択科目からなっており、それぞれかなりの量の試験範囲となっております。それぞれの強化が、他の一般的な資格よりも試験範囲が広く難易度も高くなっていることから考えてみても、公認会計士の試験がどれだけ大変で難しいかが想像できると思います。

独学で勉強するような場合には、最初の参考書選びなどで合格率が大きく変わります。かなり専門的な内容になっておりますので、参考書の選び方によっては合格できなくなってしまう可能性もあります。ある程度の知識があるのでしたら問題無いかも知れませんが、これから初めて公認会計士の試験にチャレンジしようと思っている方にはあまりおすすめできません。

公認会計士とは

公認会計士の試験は資格試験の中でもトップクラスに入る難易度となっており、本当に一部の方しか資格を取得する事ができない狭き門となっております。今でさえ試験の合格率が10パーセントを超えていましたが、2006年当時は6パーセント程度しか合格者がおらず、司法試験並の難易度になっておりました。

しかし、公認会計士になれば、この不況のご時世ながらしっかりとした収入を得る事ができる数少ない職業になっており、独立すれば年収は1000万円以上になる事も不可能ではない資格となっております。その為、大学生の方はもちろんのこと、社会人の方なども積極的に公認会計士の試験勉強をしている方もいますが、いかんせん、とにかく試験範囲が膨大な事と、試験の内容の難易度が高い事から大半の方が試験に合格するまでの実力をつける前に諦めてしまう状況になっております。

公認会計士になる為には、とにかく効率良く勉強をする事が重要になります。実は公認会計士になるには4年程度の勉強が必要になると言われております。その為、一発で合格するのではなく、何年もかけて試験にチャレンジして合格するような試験内容になっており、とにかく時間がかかってしまうのです。ここでは、公認会計士の社会人向け講座など、公認会計士になる為の勉強方法などについての情報をご紹介していきます。これから公認会計士を目指そうと思っている方にとって有益な情報ですので、ぜひチェックしてみてください。